ノブをまわすと

その日観た映画や、演劇をはじめとした舞台公演に、ちょっとした感想でも。

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ [DVD]
日本/’84年製作/宮崎駿監督


自然を愛する小国の王女が、崩壊する世界の理を探し求める。コロナ禍で新作公開が延期される中でのジブリ作品上映企画のひとつです。
いつかは映画館で観られる日がくるとは思っていましたが、まさかこのタイミングだとは。大画面で自由に風に乗るナウシカの雄姿を観ただけで興奮と感動冷めやらず。完全無欠ではないヒロインが、悩みながらも目の前のたくさんの理不尽なことに精一杯立ち向かう、宮崎駿自身による原作漫画ではまだ序章というところでの映画版。先日の歌舞伎版では最終章まで上演されたということですが、これはこれで良し。
ナウシカ役・島本須美の抜群の透明感。

ロシュフォールの恋人たち

ロシュフォールの恋人たち(字幕版)
仏/’66年製作/ジャック・ドゥミ監督


田舎町のお祭りの日に集まる男女の出逢いを描くミュージカル映画
陽気でお洒落で華やかな人生讃歌。生きる喜びイコール恋という単純な方程式が全人類に当てはまるかのような図抜けたお気楽さであっても、フランスというお国柄で、かつお祭りの非日常感も相まって鼻につかない不思議。それ以上に、どんな偶然も許せてしまうし、路上で男女が躍っていてももしかしたら常にそうなのかもとまで思ってしまうほど、街そのものが魔法にかかっているかのようです。色彩に酔う。
カトリーヌ・ドヌーヴフランソワーズ・ドルレアックの強烈な双子姉妹は、現実でも姉妹なんだとか。