ノブをまわすと

その日観た映画や、演劇をはじめとした舞台公演に、ちょっとした感想でも。

演劇

笑の大学

日本/’96年公演/パルコ(三谷幸喜作、山田和也演出) 太平洋戦争の最中、浅草で軽演劇活動を行う座付き作家と検閲官との攻防を描く。以前に再演版を観ているも初演版は初見です。 14年前に観たときよりも粗削りな印象だったのですが、上演年に違いがあっ…

AD-LIVE2016

日本/’16年公演/AD-LIVE Project(鈴村健一作・演出) 睡眠状態から醒めない友人を救うべく新技術により心の中に会いに行く。鈴村健一がプロデュースする声優陣によるアドリブ劇の2016年9月10日キャスト版を鑑賞。 大まかな設定とストーリーに沿い、2人…

天守物語

日本/’11年公演/新国立劇場(泉鏡花作、白井晃演出) 姫路城の天守に巣食う魔物と地上の鷹匠との恋愛模様。1917年に発表されたが、モノの本によると初演は1950年代だとか。 妖しさ満点、海外ものであればダークファンタジーとジャンル付けたいけど、この…

風の谷のナウシカ

日本/’19年公演/松竹(丹羽圭子・戸部和久作、G2演出) 世界の真実を解き明かすべく立ち向かう少女の姿を通して人と自然の共生を描く。同名アニメ映画の原作でもある宮崎駿による漫画全7巻を新作歌舞伎として上演したものです。 通しで7時間に及ぶ超大…

Cat in the Red Boots

日本/’07年公演/劇団☆新感線(戸田山雅司作、いのうえひでのり演出) 魔法の赤い長靴をはいた猫に導かれた平凡な青年が、物語の主人公になるまでを描く。 ヨーロッパの童話や民話などを散りばめたミュージカル調ファンタジー活劇。当たり障りのないスト…

はいからさんが通る

日本/’20年公演(再演)/宝塚歌劇団花組(小柳奈穂子作・演出) 動乱の大正期に運命を翻弄されるはいからさんと青年将校の恋愛模様を描く。大和和紀による同名漫画を宝塚歌劇団が舞台化したものです。 文明開化の明治を経て女性の権利が大きく謳われた時…

畜生たちの楽園

日本/公演終了(ソワレ)/劇団不労社(西田悠哉作・演出) 人里離れたコミューンで繰り広げられる惨劇。劇場主催の「次世代応援企画break a leg」選出劇団による公演です。 新興宗教の雰囲気漂う閉鎖的な共同体に流入してくる人々は、次第にその価値判断が…

走れメルス~少女の唇からはダイナマイト!

日本/’04年公演/NODA・MAP(野田秀樹作・演出) 下着泥棒と青春に縛られた女の鏡越しの情愛を描く。観るのは3度目です。 未だ見ぬ君に恋焦がれ、その蜉蝣を追い求め続ける青春の焔は、死の匂いと相まって、美しく儚く狂おしい。淡く切ない恋愛模様を初…

波のような人

日本/公演終了(マチネ)/ヌトミック+細井美裕(作・演出 額田大志) F・カフカの「変身」を原案とし、姿を消した兄の発する音のみが聴こえる家庭を描く。 副題は「マルチチャンネルスピーカーと俳優のための演劇作品」で、音楽を作演でもある額田が、サ…

ラ・ボエーム

日本/公演終了/藤原歌劇団(G・プッチーニ作、岩田達宗演出) パリの屋根裏部屋で共同生活をおくる貧しい詩人が、訪ねてきたお針子と恋に落ち、永遠の別れを迎えるまでを描く。公益財団法人日本オペラ振興会西洋オペラ部門である「藤原歌劇団」の愛知公演…

髑髏城の七人 Season花

日本/’17年上演/TBS(中島かずき作、いのうえひでのり演出) 信長亡き後、荒野の関東で第六天魔王を名乗る男の暴走をとめるべく立ち上がる7人の姿を描く。劇団☆新感線が7年に一度上演する人気作の劇場こけら落とし連続シリーズ第一弾です。 前作から6…

グッド・バイ

日本/上演中(再演)/地点(三浦基作・演出) 太宰治の遺作となった未完成の小説を「地点」が上演した作品です。 横一列のバーカウンターに大正・昭和初期の衣装をまとった役者がずらりと並び、壁の上では「空間現代」が生演奏する空間構成。登場人物は「…

私たちは何も知らない

日本/’19年公演/二兎社(永井愛作・演出) 世の婦人が立ち上がるきっかけとなった雑誌「青鞜」をつくった人々の群像劇。 教科書では一文で終わる出来事にも背景がある。「平塚らいてふ」という単語に血が通い、共に歩みまたは袂を別った人々と闊達に議論…

ドクター・ホフマンのサナトリウム

日本/’19年公演/KAAT神奈川芸術劇場プロデュース(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出) フランツ・カフカの第四の未発表長編作品が発見されたことから、場所や時代が迷子になっていく。 不条理なカフカを不条理なKERAが描く、これまさに不条理演劇。…

掬う

日本/’19年公演/□字ック(山田佳奈作・演出) 病床の父親をめぐって浮かび上がる「家族」の在り方。□字ック、初鑑賞。 心の濁ったところを”掬う”かのように、ずっしりえぐりにくる人間ドラマ。自分のことしか考えられない不器用な家系が、家族だからとい…

黒い砂礫

日本/公演中/オレンヂスタ(ニノキノコスター作・演出) 愛する人を亡くしたK2を目指す山岳家たちの物語。 なぜ命を賭けてまで山に登るのか。自然への挑戦、自分探し、お金儲け。そのどれもが絡み合わないとスタート地点にすら立てないのが世界最高峰級の…

ラクダ

日本/公演中(ソワレ)/16号室(八代将弥a.k.a.SABO作・演出) 女たらしのマスターの居るカフェバーに集まる女たちの狂気と愛。名古屋の劇団「room16」の作品を後身の企画団体により上演した作品です。ケースBのキャストで、初観劇。 演劇よりも映画で観…

機械と音楽

日本/’19年公演(再演)/serial number(詩森ろば作・演出) ロシア革命前後に起こった芸術運動「ロシア・アヴァンギャルド」のなかで理想と現実の狭間に揺れた建築家たちの物語。風琴工房あらためserial numberは初鑑賞です。 共産主義と社会主義の違い…

引き波に乗る蜘蛛

日本/公演終了(ソワレ)/劇団飛び道具(大内卓作・演出) 演劇と仕事と家庭に追われる遅筆の劇作家が書き上げた一本の作品とその過程を描く。京都の劇団、初観劇です。 セミプロとして活動する多くの演劇関係者は、もちろん生活者でもある。才能がなくて…

獅子王 SHI-SHI-O

米/’16年公演/松竹(作 戸部和久) 人間界に降り立った獅子の子の成長の物語。アメリカ・ラスベガスのエンターテインメントの殿堂で行われた初の歌舞伎劇場公演です。 宙乗りや早替え、本水など歌舞伎のケレンたっぷりに、現代のデジタルアートも取り入…

熱帯樹

日本/’19年公演/世田谷パブリックシアター(三島由紀夫作、小川絵梨子演出) 裕福な家庭に渦巻く闇を描く。 4人の親子と1人の伯母の5人芝居による歪んだ愛憎劇はまるでギリシャ悲劇さながら。家族4人のそれぞれの思いは狂気的でいて、普遍的でもある…

ツアー

日本/公演終了(再演)/ままごと(柴幸男作・演出) 音楽フェスへ向かう旅の途中に偶然同行することになった外国人との奇妙なロードムービー。 スーツケースを車に見立て、またがって舞台上をゴロゴロと動き回る2人を、それなりの時間にわたり、観ている…

タワー

日本/公演終了/ままごと(柴幸男作・演出) 天からの指示のもとで雑多なものを積み上げていく人々。劇団「ままごと」の新作です。 ストーリーがあるのかないのか、即興性があるのかないのか、よくわからない作品で、こういう場合は哲学するしかない。何か…

グローリアス!

日本/’17年公演/シーエイティプロデュース(ピーター・キルター作、鈴木勝秀演出) 壮絶なオンチに翻弄される若手ピアニストと歌姫の交流を描く。 荒唐無稽ながら実話をもとにした作品だとか。歌いたいという欲求を実現し続けた歌姫、ただその魅力が伝わ…

喝采

日本/’17年公演/加藤健一事務所(クリフォード・オデッツ作、松本祐子演出) 酒におぼれたかつての名優を再起させたい演出家と、役者の妻の攻防。 2幕の急展開についていけるか不安になりましたが何とか喰らいつきました。創造活動するにあたっての焦り…

マッチ売りの少女

日本/公演中(マチネ)/劇団不労社(別役実作、西田悠哉演出) 大晦日の夜、平凡な夫婦の夜のお茶会にストレンジャーが現れる不条理劇。別役の代表作のひとつを大阪の劇団が京都で上演したものです。 以前に映像で観た作品より小劇場風味で、それが効果的だっ…

通し狂言 南総里見八犬伝

日本/’15年公演/国立劇場(曲亭馬琴作、尾上菊五郎監修) 主君の無念を晴らすことを運命づけられた8人の男たちの物語。新春歌舞伎です。 姓に犬の字が与えられ、牡丹のあざがあり、八つの文字が浮かぶ水晶の玉をもつバラバラの者たちがひとつの本懐を遂…

魔界転生

日本/'18年公演/日本テレビ・明治座(マキノノゾミ作、堤幸彦演出) 欲望のまま超人的な魔物に転生した人間と戦う柳生十兵衛の活躍を描く。日本テレビ開局65年記念として山田風太郎の同名小説を舞台化した作品です。 山田作品に醍醐味なエロ・グロ・バ…

サカシマ

日本/公演終了/廃墟文藝部(斜田章大作・演出) 最期を目撃した怪しげな男の元で働きながら、飛び降り自殺した姉の真意を探る少女の5秒間を描く。 ハンプティダンプティ、落ちた卵は戻らない。悩み事相談室に電話をしながら飛び降りた女。100メートルのビ…

3CASTS vol.14

日本/公演終了/オムニバス形式 3人/組によるパフォーマンスを上演する京都のショーケースイベント。今回は、石川信子、牛嶋千佳、アミジロウの3者によるものを観劇。 一本目は石川『時間がない人のための卍-光子の不在-』。谷崎潤一郎の四つ巴な色恋…