ノブをまわすと

その日観た映画や、演劇をはじめとした舞台公演に、ちょっとした感想でも。

映画館

翔んで埼玉

日本/’19年製作/武内英樹監督 バカにされ続ける埼玉県人の誇りを取り戻すべく闘う美少年たちの物語。発表から35年ほど経ってリバイバルヒットとなっている魔夜峰央の同名漫画の実写映画化です。 関東圏にありながら「ださいたま」と呼ばれる県を自虐的…

グリーンブック

米/’18年製作/ピーター・ファレリー監督 黒人差別の色濃く残るアメリカ南部へ演奏旅行に向かう音楽家と、雇われ運転手のロードムービー。アカデミー作品賞受賞作です。 一番みてくれにとらわれているのは自分自身であって、がさつで素直な相棒がそのメッ…

「サスペリア」

伊・米/'18年製作/ルカ・グァダニーノ監督 東西冷戦中のドイツで、相次ぐ失踪者を出すバレエ団の謎に迫る。一世を風靡した同名ホラー映画(未見)のリメイクです。 ホラーと覚悟して観たけれど、どちらかといえばグロさの強いサスペンス。昼間はバレエレッ…

「カメラを止めるな!」

日本/'17年製作/上田慎一郎監督 ワンシーンワンカット生中継のゾンビ映画を撮る映画スタッフ陣に巻き起こる大騒動。社会現象化した大ヒット作品です。 お粗末なつくりに始めは何を見せられているのかとゲンナリしていたのですが、それすらも作品の手のひ…

「トワイライツ」

日本/'94年製作/天野天街監督 演劇界の奇才・天野天街による短編無声映画。16mmフィルムによる上映会に参加しての鑑賞です。 少年王者舘の演劇作品を映画文法に置き換えるとこうなるんだなという平凡な感想。逆再生の多用や横軸によるワンシーンワンカ…

「スリー・ビルボード」

英・米/'17年製作/マーティン・マクドナー監督 娘をレイプ殺人で亡くした母親が、街頭広告を打ったことから巻き起こる事件を描く。 被害者遺族の哀しみと怒りは幾ばくか、当事者でなければわからないところはあるとは思いますが、この主人公には全く感情…

「バーフバリ 王の凱旋」

印/'17年製作/S.S.ラージャマウリ監督 数奇な運命のもと真の王として祖国に戻ってきた男の活躍と、その父親の生涯を描く。一大旋風を巻き起こしているインド映画の続編です、前作は未見。 これでもかこれでもか、とアドレナリンに訴えてくるパワー映画。…

「羊の木」

日本/'18年製作/吉田大八監督 仮釈放の受刑者を極秘裏に受け入れる過疎対策施策をとった港町に忍び寄る事件。山上たつひこ・いがらしみきおというギャグ漫画の二大巨匠が手掛けた異色社会派漫画の映画化です。 罪は消えるのかというよくある話だと思って…

「ゴースト・イン・ザ・シェル」

米/'17年製作/ルパート・サンダース監督 全身を機械化される前の記憶が曖昧な特殊な公安職員が、大きな陰謀の中で人間性とは何か問い続ける。士郎正宗原作で、押井守監督作品をはじめメディアミックスで展開する「攻殻機動隊」をハリウッドで実写化した…

アニメ「この世界の片隅に」

日本/'16年製作/片渕須直監督 太平洋戦争が近づくなか、絵を描くことが好きな少女の半生を描く。こうの史代原作漫画の映画化で、キネ旬でアニメ映画としては『となりのトトロ』以来の第1位を獲得した話題作です。 そもそも興味がなかったところに、キネ…

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」

米/'16年製作/ギャレス・エドワーズ監督 帝国の新兵器の設計図を手に入れるべく、設計者の娘が敵の陣地へ乗り込む。 「スターウォーズ」という壮大な宇宙詩史に刻まれた"伝説"を描いたスピンオフ。第4章へと繋がるこのエピソードで得た情報をもとに、あ…

アニメ「君の名は。」

日本/'16年製作/新海誠監督 身体が入れ替わる現象が頻繁に起こる、田舎町に住む少女と東京に住む少年が、彗星の近づく日に向けてお互いのことを知ろうとする。 興行収入100億突破で大躍進を遂げている話題作です。これまでの新海作品からポエミーな部分…

「シン・ゴジラ」

日本/'16年製作/庵野秀明総監督 巨大生物が上陸し首都機能が崩壊した日本で、国と人命を守るため奮闘する政治家と行政職員の姿を描く。特撮好きを公言してきたアニメ監督の庵野秀明がメガホンをとった国民的映画最新作です。 公開前評判が芳しくなかった…

「ボクは坊さん。」

日本/'15年製作/真壁幸紀監督 お寺の住職となった青年が、人生の荒波に揉まれながら成長する姿を描く。実話エッセイを映画化したものです。 お坊さんだって人間だから、悩みもすれば酒を呑んでクダを巻くこともある。お坊さんというのは単なる職業ではな…

「ギャラクシー街道」

日本/'15年製作/三谷幸喜監督 宇宙の街道沿いの寂れたハンバーガーショップに集まる宇宙人コメディ。 驚くべきクソ映画。内容はなく、キャラクター造形は雑で、笑いどころもわからない。幼児向けビデオにこういう作品あるよなとか考えながら、客席まばら…

「HERO」

日本/'15年製作/鈴木雅之監督 型破りの検事が、治外法権の大使館相手にとある交通事故の真相を暴くため立ち向かう。人気TVドラマの映画化です。 ドラマは観ておらず、ほぼ予備知識なしでの鑑賞。正義感とか熱血とかではなく、ただマイペースな主人公像な…

「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」

日本/'15年製作/押井守監督 東京を狙ったテロに特車二課が超法規的措置で対抗する。新版パトレイバーシリーズの長編作品です。 アニメ映画版第二作の純然たる続編。そして、何も変わっていない現代への苛立ち、いや諦めか。戦争状態の中で日常をおくって…

「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」

英・米/'14年製作/モルテン・ティルダム監督 第二次世界大戦時、ナチスが誇る暗号機械「エニグマ」を解読すべく極秘裏に研究を重ねた実在の天才数学者アラン・チューリングの半生を描く。 コンピュータの基礎に大きな影響を与え、暗号解読によって終戦を…

「ジュピター」

米/'15年製作/アンディ・ウォシャウスキー、ラナ・ウォシャウスキー監督 単調な日常に嫌気のさす女が文明のはるかに進んだ地球外生命体から突然命を狙われる。 宇宙の支配者やら王家やらと言われるよりも、宇宙規模の大企業の相続覇権争いだと理解した方…

「イントゥ・ザ・ウッズ」

米/'14年製作/ロブ・マーシャル監督 おとぎ話の登場人物が一堂に会したトニー賞受賞ミュージカルの映画化だそうです。 どうせディズニーだと思っているとしてやられます。こんなアメリカ映画があるんですね。世の中は善と悪にはっきりと分けられる訳では…

「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」

米/'15年製作/デヴィッド・コープ監督 裏の美術商を営む英国貴族が借金返済のため、盗まれた曰くつきの絵画を探し出す。 まるでドラマシリーズの一本のような小品でした。デフォルメされたキャラクターたちがそれぞれの役割の範囲内でお約束を回収してい…

「ふしぎな岬の物語」

日本/'14年製作/成島出監督 千葉の小さな町の岬で喫茶店を営む女性とその周りの人々の人生悲喜こもごも。モントリオール映画祭審査員特別賞受賞作です。 さっぱりわからない。じじばばの年齢不相応な青春模様に辟易したというのが本音です。高齢者にも青…

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」

米/'14年製作/マット・リーブス監督 猿を媒介とする人工的なウイルスにより起こったパンデミックで壊滅的な打撃を受けた人類と知能を得た猿たちの交流と戦いを描く。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(未見)の正式続編だそうな。 武器を持ち言語を操る猿…

アニメ「思い出のマーニー」

日本/'14年製作/米林宏昌監督 療養に訪れた少女が湿地の古い屋敷に住む女の子と出会い、不器用な自分を見つめなおしていく。米林監督第二作目のSTUDIO GHIBLI最新作です。 あたしなんかという人間が苦手。自分だけ不幸せなんだという人間が苦手。だから…

「ウォルト・ディズニーの約束」

米・英・オーストラリア/'13年製作/ジョン・リー・ハンコック監督 「メリー・ポピンズ」の作者が半生を振り返りながら、ディズニーでの映画化に向けて丁々発止のやり取りを繰り広げる。原題「Saving Mr.Banks」の方がしっくりくるなと思いつつ。 人生ド…

「白ゆき姫殺人事件」

日本/'14年製作/中村義洋監督 化粧品会社の美人OLの殺人事件をめぐり容疑者とされた女を無責任に語る世間と事件の真相を描く。湊かなえの同名小説の映画化です。 "事実"は自在に塗り替えられるし作られるものだという社会の作用が題材。マスコミやネット…

「ジャッジ!」

日本/'13年製作/永井聡監督 世界的広告祭に審査員として参加することになったクビ目前の広告代理店社員が、不正にまみれた審査のなかで自分を貫き通す。 会議室ものは好きだし、良いCMも好き。だからかもしれませんが期待値に比べて予想外に楽しめました…

アニメ「かぐや姫の物語」

日本/'13年製作/高畑勲監督 竹から生まれた少女が月へと帰っていく竹取物語をSTUDIO GHIBLIが誇る巨匠・高畑勲が丁寧に描く。14年振りの監督作だとか。 「アニメ日本昔話」を最高峰のクオリティで仕上げた作品。筋は誰もが知っているので、見るべきは…

「清須会議」

日本/'13年製作/三谷幸喜監督 信長亡き後の織田家跡目争いが行われた会議の裏側を描く。 家臣筆頭で単細胞バカな柴田勝家vs百姓あがりで野心家の秀吉。秀吉の躍進を決定づけた会議であったことと清須がド田舎なのはよくわかりましたが、それ以上のものは…

「そして父になる」

日本/'13年製作/是枝裕和監督 6年間育てた子供が別の家庭の子と取り違えられていたエリート会社員の家族が真の「家族」になるまでを描く。カンヌ映画祭審査員賞受賞作です。 来ない。グッときそうなシーンは沢山あるのにどうも心にまで響かない。それま…