ノブをまわすと

その日観た映画や、演劇をはじめとした舞台公演に、ちょっとした感想でも。

三度目の殺人

三度目の殺人
日本/’17年製作/是枝裕和監督


勝利至上主義の弁護士が、容疑者の男の弁護をし真実を解き明かしていくなかで考え方が変わっていく。
社会への問題提起といえばそうなのかもしれませんが、作品としてスッキリせず。二度の殺人の末の「死刑」という三度目の殺人。真実が不透明ななかで、私たちはこれをどのように受け止めるべきなのかが問われている。のだけれども、スッキリしないことを「あえて」と捉えるのは少し優しすぎるのではと思ってしまうくらい納得がいかなかったです。テーマがテーマなだけに、もう少し導線がほしかった。
福山雅治役所広司