ノブをまわすと

その日観た映画や、演劇をはじめとした舞台公演に、ちょっとした感想でも。

喝采

日本/’17年公演/加藤健一事務所(クリフォード・オデッツ作、松本祐子演出) 酒におぼれたかつての名優を再起させたい演出家と、役者の妻の攻防。 2幕の急展開についていけるか不安になりましたが何とか喰らいつきました。創造活動するにあたっての焦り…

raw 精神と肉体の展覧会

日本/公演終了/HI×TO 「精神と肉体の展覧会」と銘打ったダンス公演。結成まもない団体、初鑑賞。 客席に挟まれたランウェイのようなステージに、ペンキにまみれた裸の女性が座っている。その周りを黒に身を包んだ人々が身体を動かすコンテンポラリー作品。…

マッチ売りの少女

日本/公演中(マチネ)/劇団不労社(別役実作、西田悠哉演出) 大晦日の夜、平凡な夫婦の夜のお茶会にストレンジャーが現れる不条理劇。別役の代表作のひとつを大阪の劇団が京都で上演したものです。 以前に映像で観た作品より小劇場風味で、それが効果的だっ…

ムンク|幽霊|イプセン 美術館パフォーマンス

日本/公演中/第七劇場×愛知県芸術劇場×愛知県美術館(E.ムンク・H.イプセン原作、鳴海康平演出) ムンクの絵画をモチーフに、ムンクのことばを紡ぐ美術館内でのモノローグパフォーマンス。 イプセン「幽霊」を題材にした絵画を新たに所蔵したことにより、美…

マスカレード・ホテル

日本/’19年製作/鈴木雅之監督 連続殺人事件の発生場所に指定されたホテルに潜入する刑事とホテルマンが互いの仕事を果たす。東野圭吾の同名小説の映画化です。 さまざまな人間が集まるホテルという場を存分に活かしたグランドホテル形式の作品。ただ軸と…

ブレードランナー2049

米/’17年製作/ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督 前作『ブレードランナー』から30年後のアメリカを舞台に、人造人間を取り巻く陰謀を描く。 世界観やシナリオを引き継ぐ正統な続編。ウトウトしながら観てしまいストーリーは断片的にしか掴めずも、消息を絶った前…

GAMBA ガンバと仲間たち

日本/’15年製作/小川洋一総監督 イタチに狙われるネズミたちを助けるため、まちネズミと船ネズミが力を合わせて戦う。 名作の誉れ高いテレビシリーズから40年経って製作された、子年に観るに相応しいネズミ大活躍のCGアニメによる冒険活劇。たくさん仲間…

心が叫びたがってるんだ。

日本/’15年製作/長井龍雪監督 本音を言えない思春期の男女たちがミュージカルを通じて心を開いていく。2年後に実写化もされたアニメ作品です。 秩父を舞台にアニメツーリズムとしての評価高く、はてさて作品はというところ。結論、予想外に面白かったで…

チェイス!

印/’13年製作/ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ監督 父親の命を奪われたサーカス団の息子が、死に追いやった銀行へ復習する。インドの興行収入を塗り替えたという大作です。 派手なアクションとキレキレのカメラワークに興奮冷めやらぬボリウッド…

通し狂言 南総里見八犬伝

日本/’15年公演/国立劇場(曲亭馬琴作、尾上菊五郎監修) 主君の無念を晴らすことを運命づけられた8人の男たちの物語。新春歌舞伎です。 姓に犬の字が与えられ、牡丹のあざがあり、八つの文字が浮かぶ水晶の玉をもつバラバラの者たちがひとつの本懐を遂…

ぼくらの七日間戦争

日本/’88年製作/菅原比呂志監督 理不尽な大人たちに反旗を翻す中学生たちの戦いを描く。 その後を気にしてしまうのは悪い癖で、刹那性を純粋に楽しめばいいのでしょう、30年も前の映画にかかわらずそこで描かれている学校への不満は、ブラック校則が社…

魔界転生

日本/'18年公演/日本テレビ・明治座(マキノノゾミ作、堤幸彦演出) 欲望のまま超人的な魔物に転生した人間と戦う柳生十兵衛の活躍を描く。日本テレビ開局65年記念として山田風太郎の同名小説を舞台化した作品です。 山田作品に醍醐味なエロ・グロ・バ…

サカシマ

日本/公演終了/廃墟文藝部(斜田章大作・演出) 最期を目撃した怪しげな男の元で働きながら、飛び降り自殺した姉の真意を探る少女の5秒間を描く。 ハンプティダンプティ、落ちた卵は戻らない。悩み事相談室に電話をしながら飛び降りた女。100メートルのビ…

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

日本/’13年製作/亀垣一監督 怪盗一味と小学生探偵がお互いを出し抜きつつ力を合わせて陰謀に挑む。ドラマ版で好評を博した人気アニメシリーズ合体続編の劇場版です。 ルパン三世と名探偵コナン、絵柄がまったく異なる2作品がコラボできると考えた人はす…

アナと雪の女王

米/'13年製作/クリス・バック、ジェニファー・リー監督 触れるものすべて凍てつかせる女王と、その呪いに向き合う妹の物語。主題歌が社会現象を巻き起こしたディズニー作品です。 王子様を待つのではなく、自分の手で切り開いていく新しいヒロイン像を打…

三度目の殺人

日本/’17年製作/是枝裕和監督 勝利至上主義の弁護士が、容疑者の男の弁護をし真実を解き明かしていくなかで考え方が変わっていく。 社会への問題提起といえばそうなのかもしれませんが、作品としてスッキリせず。二度の殺人の末の「死刑」という三度目の…

オデッサ・ファイル

米/’74年製作/ロナルド・ニーム監督 元ナチスの親衛隊で構成された秘密組織を追う男の姿を描く。 時代が変わっても個人にとっての戦争は終わっていないということ。主人公の正義感にしては行き過ぎているなと感じはじめたところから物語は加速度的にドラ…

アメリカの友人

西独・仏/’77年製作/ヴィム・ヴェンダース監督 贋作を売る男と額縁職人の友情を描く。『太陽がいっぱい』でおなじみの「トム・リプリー」シリーズの一作だとか。 ぶっちゃけよくわからないのだけれども、なんとなく面白いと思った映画。原作がシリーズも…

団地

日本/’16年製作/阪本順治監督 引退した薬剤師夫婦の周りは、噂好きの隣人たちや定期的に薬を取りに来る謎の男など、何やら騒がしい。 ”サイエンス・フィクション”ではなく”少し・不思議”の方の、三木聡のようにすっとぼけたSF映画。高度経済成長期にシス…

スパイ・ゲーム

米/’01年製作/トニー・スコット監督 極秘ミッション遂行中に身柄を拘束された友人を救うべく奮闘するCIAの最後の一日を描く。 新旧2大スター共演の豪華なサスペンス。信頼と反感が入り混じった2人の関係性が最初から最後まで活きる脚本が良い。情にほ…

華麗なるヒコーキ野郎

米/'75年製作/ジョージ・ロイ・ヒル監督 第一次大戦後、飛行機に命をかける男たちの浪漫飛行。 人類が夢見続けた空を飛ぶということ。その自由とスリルの味を知ってしまった人達は、もはや翼のない生活には戻れない。曲芸飛行を生業としていた男は、移り…

ハード・ターゲット

米/’93年製作/ジョン・ウー監督 殺人ゲームに興じる組織に戦いを挑む男たちの物語。ジョン・ウーのハリウッド進出第一作です。過去の映画作品のリメイクだとか。 金を持て余した人間たちの下品で狂気的なハンティング。アクションシーンはかっこいいので…

万引き家族

日本/’18年製作/是枝裕和監督 虐待を受けていた少女を自宅にかくまった男と、家族のかたち。キネ旬第1位、カンヌ映画祭パルムドール受賞作。 虚飾まみれの一般的な家族像に疑問を投げかける是枝作品。眉をひそめるような生き方をする一家ではあるけれど…

湯を沸かすほどの熱い愛

日本/’16年製作/中野量太監督 余命宣告をうけた母親が、家族と向き合っていく死と再生の物語。 さりげない描写が記憶に残り、伏線として鮮やかに回収されていく巧みな脚本に唸る。よくある余命モノであるにもかかわらず、観終わったあとの清々しさたるや…

さらば、わが愛 覇王別姫

香港/’93年製作/チェン・カイコー監督 京劇が巻き込まれた時代のうねりと、翻弄され続けた役者の物語。 文化芸術と時代は切っても切れない関係で。時の権力者を利用し、利用されるのが世の常で、これは世界中どこでも変わらない。中国の変革の歴史絵巻の…

蜘蛛巣城

日本/’57年製作/黒澤明監督 妖しの予言に踊らされ城主となった男の破滅までを描く。シェイクスピアの戯曲「マクベス」を戦国時代に置き換えた作品です。 どうも地味な印象なのは、能の様式美を映画で表現しようとしているからで、きっと好みの問題。どう…

スーパー・チューズデー 正義を売った日

米/’11年製作/ジョージ・クルーニー監督 陰謀渦巻くアメリカ大統領選挙の予備選挙陣営を描く。 信念と欲望。政治を志すのは正義の心であり、勝利をつかむのは駆け引きであるということ。大統領選がビジネスになっているアメリカではあるけれども、大小の…

ラ・ラ・ランド

米/’16年製作/デイミアン・チャゼル監督 ジャズピアニストと役者の卵が夢と現実の狭間に揺れる。アカデミー賞監督賞はじめ6部門受賞作です。 往年のミュージカル映画を観ているかのよう。目新しさはないけれど安心して観られるというべきか、安心して観…

未来のミライ

日本/’18年製作/細田守監督 妹が生まれて両親の愛情に疑問を抱く少年が遭遇する不思議な出会い。 さて、なんだったのか。視点が子育て世代側だから、「こういうことでグズったりするよね」とはなっても「こういう感情だったなあ」という自分事にはならな…

3CASTS vol.14

日本/公演終了/オムニバス形式 3人/組によるパフォーマンスを上演する京都のショーケースイベント。今回は、石川信子、牛嶋千佳、アミジロウの3者によるものを観劇。 一本目は石川『時間がない人のための卍-光子の不在-』。谷崎潤一郎の四つ巴な色恋…